ジャパントータルクラブ自慢のリゾートホテルたち

絶景だけじゃない贅沢なホテル

まず、東京や神奈川など首都圏からのアクセスが便利な立地が、ジャパントータルクラブの人気を支えるひとつの理由です。
現在、東日本エリアには7つのホテルのご用意があり、自家用車でも気軽にお越しいただける便利な立地ばかりです。緑に囲まれた芦ノ湖畔にある「箱根」、伊豆七島を眺めることのできる「稲取」、世界遺産の日光東照宮でも有名な「日光」、まるで南の島のような水質が楽しめる「下田」など、個性あふれるホテルで贅沢なステイを楽しんでいただくことができます。

また、ジャパントータルクラブが1975年から高い人気を獲得し続けているのは、各ホテルの贅沢な立地条件が叶える自然景観に加え、スポーツや生涯学習などのさまざまなアクティビティの両方が約束されたホテルが多いためです。お子様も大人も一緒になって楽しめるスポーツイベントや、思い出作りにもぴったりのサマーキャンプ・スノーキャンプ、どなたでも気軽に参加いただけるヨガレッスンや田植え体験など、毎年たくさんの催し物をご用意しています。

さらにワンランク上のホテルステイも

ご家族皆様が自然の中でゆったりとした休日を過ごしていただけることは言うまでもなく、贅沢なレストラングルメ、スポーツ施設の充実なども、ジャパントータルクラブでワンランク上のステイが楽しめる理由です。ジャパントータルクラブでは、エメラルドカラーのビーチが目の前に広がるマリンホテルから、ホテルを出てすぐにスノースポーツを楽しんでいただくことのできるゲレンデホテルまで、春夏秋冬さまざまな楽しみ方が叶う魅力的なホテルをご用意しております。
また、ジャパントータルクラブでは、「コーユー倶楽部」として、ワンランク上の会員様だけが満喫することのできる2つのサロン施設のご用意もございます。山中湖の湖畔にある「山中湖畔サロン」では美しい富士山を背景に滞在を楽しんでいただくこともできますし、言わずと知れた長野県の一流リゾート地にある「軽井沢サロン」では、美術館のような雰囲気の中、格別に贅沢な時間を過ごしていただくことができます。


Share!
B!

ページTOPへ